決算特別委員会4日目となる本日は、「福祉保健領域分質疑」が行われ、公明党から3名が登壇いたしました。
まず、河村みどり議員が質疑に立ちました。
質問内容は、
①乳がん検診の更なる充実について
②認知症の初期集中支援について
と題して、議論を交わしました。

続いて、高久のりお議員(副政調会長)が質疑に立ち、
①B型肝炎対策(家庭・水平感染への防止)について
②重症心身障害者(児)へのショートスティやグループホーム整備について
③減塩対策について
と題して、議論を交わしました。

最後にいたいひとし議員(副幹事長)が質疑に立ち、
①地域包括ケアシステムの全地区展開における社会福祉協議会の役割について
②補装具支援の継続について
と題して、議論を交わしました。

詳しくはインターネット中継にてご覧ください。⇒ http://www.setagaya-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=2708

明後日は、「都市整備領域分質疑」となります。